NPO法人自然環境アカデミー NPO法人自然環境アカデミー
環境教育 野生生物保護 調査・研究 資料室 環境創造 交流活動
TOP自然環境アカデミーとは?最近の活動小さなお願い会員募集お問い合わせリンクサイトマップ
facebook

TOP > 自然環境アカデミーとは?

自然環境アカデミーとは?

基本理念

自然環境アカデミーは、会員相互の協力により、環境学習の普及と自然環境のしくみに関する調査研究を行い、未来を指向しながら地域社会に貢献することを目的に設立された特定非営利活動法人(NPO法人)です。特に次代を担う少年期の子どもたちを対象にした「環境教育」を幅広く進め、身近な自然への関心を高めていくとともに、それに携わる人材の育成を行いたいと考えています。

設立経緯

福生市は、多摩川が流れ遠景に奥多摩の山々を望む恵まれた環境にあります。しかし、都内にあって都市化の進行には逆らえず、身近な自然環境のありがたさを痛感した市民から、緑地の利用や管理などに対する多様な要求が示されるようになりました。そのような中、自然環境に関心が高く専門的な学習を積み重ねてきた市民が集まって、2001年11月にNPO法人自然環境アカデミーが設立されました。

会員

正会員 63名  賛助会員 99名  賛助法人会員 13団体 (2016年4月1日現在)

役員

理事(6名)  島田高廣、野村亮、伊東静一、西教生、鈴木君子、矢崎健一/ 監事(1名)  宮岡武志  (2016年3月1日〜2018年2月28日)

事業の概要

5つの事業を柱にして活動しています。
環境教育事業 (自然観察会、野外体験、教員研修、総合学習支援、市民講座など)

 自然が先生、自然からいろいろなことを学びとろう。「自然から学ぶ」をキーワードに、自然観察や野外遊びを行っています。自主企画の観察会だけでなく、学校や自治体などと協同で環境教育を推進しています。
野生生物保護事業(傷病野生鳥獣保護、講習会など)
 傷ついた野生動物の救護や野生復帰(リハビリ)を行っています。また、東京都や野生動物救護獣医師協会などと連携して、東京都野鳥リハビリ施設の運営を行っています。
調査研究事業(鳥類標識調査、外来植生調査、市民参加型調査など)
 鳥類、哺乳類、昆虫などの野生生物、植生などの状況や生息・生育環境などの定期的な調査、研究活動を行っています。
環境創造支援事業(カワラノギクプロジェクト、里山保全)
 生物多様性に配慮したまちづくりを支援するため、立地条件やニーズなどを踏まえた計画づくり、行政への提案、市民を巻き込んだ保全作業などを行っています。
交流事業(会員交流、活動内容PR、情報交換、地域づくりなど)
 環境教育、環境保全、野生動物の保護、子どもの健全育成、まちづくりなど、当法人が行う全ての分野で、関係する様々な団体と交流を深め、共に活動を進めています。

これまでの業績 これまでの業績 

詳細10年のあゆみ

事務所
団体名 NPO法人自然環境アカデミー
住所 〒197-0003 東京都福生市熊川243  

地図地図

電話・FAX TEL 042-551-0306 FAX 042-513-3964
メール academy@m3.dion.ne.jp
ホームページ http://www.h7.dion.ne.jp/~academy/

設立趣旨
設立趣旨

定款
定款

事業報告
事業報告

会計報告
会計報告

個人情報保護方針
個人情報保護方針

Copyright (C) 2010 NPO法人自然環境アカデミー All rights reserved.